診療案内

糖尿病

 日本国内には糖尿病患者が1,000万人、その予備軍が900万人いると言われています。糖尿病はのどが渇く、尿の回数が増えるなどの自覚症状が出ることもありますが、自覚症状がないことがほとんどです。

 糖尿病は様々な合併症を引き起こします。日本人の主な死因である癌・心筋梗塞・脳梗塞・肺炎は糖尿病により発症リスクが高まり、また重症化しやすいことが知られています。また失明、透析、下肢切断も糖尿病は原因として上位にあり、認知症やうつ病などの発症に関連することも知られています。血糖値を良好に安定させることは合併症を予防する、進行させないために極めて重要です。

 当院では2型糖尿病だけでなく、1型糖尿病、ステロイド糖尿病、妊娠糖尿病など全ての糖尿病について治療が可能です。食事療法(管理栄養士による食事指導)、運動療法、薬物療法(飲み薬、注射薬)を患者さまひとりひとりに合わせてご提案いたします。また糖尿病の検査は5分で結果が出ますので、お薬の変更などの迅速な対応が可能です。

 なおCSIISAPなどのデバイスを用いる場合や、緊急性のある方、教育入院が必要な方には連携医療機関へ速やかにご紹介いたします。

高血圧症・脂質異常症(高脂血症・高コレステロール血症)

 日本国内には高血圧の方は約3000万人、脂質異常症の方は2000万人いると言われています。糖尿病と同様にいずれも症状がないことがほとんどで、健診などで指摘されることが多い病気です。ありふれた病気ですが、これらは動脈硬化が早く進行し、治療せずにそのままでいると心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる重大な病気につながることもあります。生活習慣の改善や必要に応じて適切な薬物療法を開始し、命にかかわる重大な病気を予防することが重要です。健診などで指摘されましたら、放置せずにお早目にご相談ください。

甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病)

 甲状腺疾患は症状がある場合とない場合があります。動悸やよく汗をかく、急に痩せる、(長く)体がだるい、下肢のむくみがひどいといった自覚症状は甲状腺機能に異常からくるかもしれません。また認知機能低下に甲状腺機能低下症が関連することもあります。

 気になる症状がある場合はご相談ください。必要に応じて専門医療機関、連携医療機関へご紹介いたします。

内分泌疾患

 甲状腺以外では副腎、副甲状腺、下垂体、性腺疾患などがあります。専門医療機関での精密検査により診断、治療が開始となることがほとんどです。病状が安定した方の治療については当院でも可能ですのでご相談ください。

一般内科

 上記以外でも痛風(高尿酸血症)、花粉症、風邪などの一般内科疾患の診察も行います。また健診で気になる数値やどの科に行ったらよいかわからない症状などがあればご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました